Marikoの家ごはん

mariko2145.exblog.jp
ブログトップ
9月25日(火)




f0300051_11323482.jpg


                                                                              
 油と相性がいい四角豆。豚こま肉と四角豆をさっと炒めて、オイスターソースと酢で味付けをして中華風に調理しました。
四角豆は、炒めるとシャキシャキした食感です。豚肉との相性が抜群です。


★★★レシピ★★★ 
  
<材料>(2人分)
・四角豆・・・100g
・豚こま肉・・・100g
・パプリカ(赤)・・・1/2個
・塩、こしょう・・・少量
・オイスターソース+酢・・各小さじ1
・油(炒め用)・・・適量


<作り方>
・四角豆、豚こま肉、パプリカは3cmぐらいの長さに切る。
・フライパンに油を中火で熱し、豚こま肉を炒め火が通ったら、四角豆、パプリカを加えて炒める。
・オイスターソース、酢、塩、こしょうで調味する。


                                

    

   クリックしてね♪
    

[PR]
# by watakabemariko | 2017-09-26 11:38 | 野菜・豆・いも

夏のカラフルサラダ

8月4日(金)
f0300051_17350686.jpg

クリックしてね♪

こちらにもMarikoのレシピがあります!


夏の太陽の下でいただくのにぴったりな「夏のカラフルサラダ」です。
鮮やかな色の野菜にチーズ(ミモレット)をトッピングしました!
フレッシュな野菜に濃厚なミモレットのアクセントがあり、さっぱりしているのですが、奥深さがあるサラダです。
野菜とミモレットのマリアージュが楽しめます。

今回使ったチーズは、プレジデント社の「チーズチップス プレジデント ミモレット」です。
食べやすいチップス状にカットされたミモレットが小袋に入っていて、とても使いやすいです。

ドレッシングは、ヨーロッパのカフェ方式。
食べる直前に、卓上で、オリーブオイル、塩、ワインビネガー、胡椒を自分好みに振りかけます。

★★★レシピ★★★

<材料>(2人分)
・紫タマネギ(小)
・・・1/2個
・パプリカ(赤・黄)・・・各1/8個
・オリーブ・・・10個
・レタス・・・2枚
・きゅうり・・・1/2本
・ブロッコリー・・・小房5個
・チーズ(ミモレット)・・・「チーズチップ プレジデント ミモレット」1袋(30g)


<作り方>
・パプリカは種を取って、短冊に薄く切る。
・紫タマネギ、きゅうりは薄く切って、それぞれ水にさらし、ざるにあげる。
・レタスは食べやすい大きさにちぎる。
・ブロッコリーは塩を少し加えた湯で茹で、食べやすい大きさに切る。
・器に材料を盛りつける。




おそとで楽しむチーズ料理レシピ
おそとで楽しむチーズ料理レシピ
「おそとで楽しむ♪プレジデント チーズレシピ」レシピモニター参加中


夏休みの思い出をまとめよう!おまかせMyBookモニター募集
[PR]
# by watakabemariko | 2017-08-04 17:40 | サラダ
4月17日(月)


f0300051_19205568.jpg


サントリーさんから、新 ザ・プレミアム・モルツが届きました。
グラスに注いだ瞬間から、よい香りがします。
まさに週末の食卓を彩る♪ごほうびビール!!

先週末には「串揚げ」を作り、「新 ザ・プレミアム・モルツ」と一緒にいただきました。


★★★レシピ★★★
<材料>(12人分)
・キャベツ・・・適量

・エビ(ブラックタイガー)・・・12匹
・ズッキーニ・・・1本
・椎茸・・・6個
・シシトウ・・・12個
・鱈・・・4切
・蓮根・・・12切(半月切り)

・パン粉、小麦粉、卵(溶き卵)・・・適量

<作り方>
・キャベツは洗って、お皿に盛る。

①下ごしらえ
・エビは背わたを取る。
・ズッキーニは輪切りにする。
・椎茸は半分に切る。
・シシトウはへたを切る。
・鱈は一切を3等分に切る。
・蓮根は皮を剥いて半月切りにする。

②下ごしらえをした材料を1本の串に一つずつ刺す。

③串に刺した材料を小麦粉、溶き卵、パン粉の順にまぶす。

④串揚げを油(分量外)で揚げる。

*好みでソース、レモン、塩をつけて召し上がってください。




 

クリックしてね♪
by Mariko

週末の食卓を彩る♪ごほうびビールと、とっておき料理
週末の食卓を彩る♪ごほうびビールと、とっておき料理

[PR]
# by watakabemariko | 2017-04-17 19:58 | おつまみ

身近な材料で手軽に作れる家庭料理を紹介しています。


by Mariko